道の途中のお楽しみ。

どんどん加速度がついて、自分と向き合う時間が増えている。

開放するには、まず、痛みとかどんどん出して、もう何も考えられないと
いうか考えるのも面倒って所までいくと以外に、楽になる。

どうして肩に力が入るんだろうとか、肩の力を抜いてとか
ごもっともである。

でも、それが出来ないのも自分なんだなぁ。抜けねぇ時には力は抜けないのよ。(笑)

魂が喜ぶことにしたがって生きていきたい。

そう考えるとこうあらねばと思っていたこととか
所謂世間的な安定とかよりも心の安心感が自分にとっての安定なのだと
如実に感じたり。

被害者意識的な物の捕らえ方ではなく、(所謂、不平不満を他のものの所為にしたりという感覚)
これって自分が気づく為の学びなんだと思って、平らに物事が見えて心は落ち着いている。
ということは、そこは通過点しかないということ。

そこがなかったら、気づけなかったことなんだね。

脱皮する為に必要なプロセス。

道の途中はいろいろあって面白い。

a0182169_43795.jpg

[PR]
by lorem | 2014-11-03 04:04 | 引き寄せ

ブログにご訪問ありがとうございます♪  ハワイ在住。  


by jobon