<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

子供はすごい!

a0182169_2023737.jpg
a0182169_2024696.jpg


この小物入れは数年前、お友達のお子さんが描いた絵から作ったものです。

あんまりかわいいマンボウだったので、図案をコピーさせてもらってステッチとビーズ刺繍をして
チクチクと手縫いで仕上げました。

子供の描き出す世界って本当に楽しい♪

無邪気に遊んで、でもそこには大人では表現できないような世界が広がっていて、、、。

子供ってすごいなぁ!!

そして、見習いたいなって思います。

作ることは指先が紡ぎだすものに身を任せ、
ただただ、一生懸命に形にしていくことで自分自身の人生も紡いで
色鮮やかに心のひきだしが増えていくような気がします。

それは私にとってとても豊かなものです。^^

ワクワクしながらハンドメイド。

なんて楽しいのでしょう♪

もっともっと作りたい!
[PR]
by lorem | 2011-07-28 20:49 | オリジナルバッグOriginalBag
a0182169_21385437.jpg


どちらかというとインドア派で割と虚弱体質だった子供の頃から
なぜか人様にはスポーツに向いているように思われて、よくスポーツクラブに誘われていました。

だからって訳ではないのだけど、スポーツ用品店とかをウロウロするのも好きです。

ロッククライミングとかもいいなぁなんて憧れていろいろ見ていると
なんだか不思議な袋を発見しました。

岩をよじ登る為に使うチョークを入れるチョークバッグ。

かわいい!!と可愛いもの大好き人間としてはたまりません(笑)
早速ゲット!!

で、、、、構造を見ている内に作ってみたいという気持ちがムクムクムク。
型紙を起こして、さて、実際に作るとなると
袋の入り口の縁はある程度の硬さのあるものを入れなければいけません。

何を入れたらいいか、、、、、またまた素材屋さんをウロウロ。

そうしたら、ホームディポットで使えそうなチューブを見つけたので
これを使って着物の生地を組み合わせて作って見ました。
袋の開閉に使ったチューブはちょっと固かったので縁取りに使うテープを
何本か縫い付けて赤いビーズをあしらってみました。

ジャーーーン!出来た!!

可愛い!!!

うん??なんかなんかなにかに形が似ているような、、、、。










あっ



たこ壺!!


まっいいか!!

海が近くにないアリゾナでジーンズの腰にたこ壺ぶら下げて海を想像してみるのも楽しそうだし。


そんな訳でお散歩にはたこ壺ならぬチョークバッグをぶら下げて砂漠の美しさを満喫しながらも
あぁ、明石の蛸を使った明石焼きが食べたいなんて思ったり。(笑)

そんな食欲も起こさせてくれるチョークバッグはやっぱり可愛い!!
[PR]
by lorem | 2011-07-27 22:09 | リメイクバッグRepurposeBag

メジャーは可愛い

a0182169_02377.jpg
a0182169_022981.jpg


どういう訳か、好きだなと自分が興味を覚えたものはとことんこだわってしまいます。
アンティークモールや蚤の市では、必ず、アンティークメジャーを探してしまいます。

新しいメジャーやテープに印刷されたメジャーも好きだけど、
人の手を通ってきたしっかり働いてきた少しよれたメジャーが一番好きなのです。

そんなメジャーを嬉々として集めていて、それを眺めていると使いたくなります。

そんな訳で最初にアンティークメジャーありきで作ったリメイクバッグ。

ショルダーストラップの部分とバッグの底部分にぐるりとアンティークメジャーを縫い付けて
アンティークボタンを飾ってみました。

あぁ、メジャーっていいよなぁ、、、かわいいなぁ、、、と一人で悦にいって楽しんでみました。

これからもアンティークメジャーハンターとして頑張る所存です♪
[PR]
by lorem | 2011-07-27 00:13 | リメイクバッグRepurposeBag

たかがとされどの違い

a0182169_6153674.jpg


NYの友人がホームレスや生活貧困者の子供達が新学期が始まる前に
学校の持っていく鞄や教科書やらをサポートをするというある団体の趣旨に
賛同してドウネーションに参加しました。

(この企画のいいなと思ったところはただお金を援助するという形ではなく、品物をちゃんとドウネーションする側が見て選ぶというところです。勿論誰に渡るかわからないので、おおまかに男の子用、女の子用とのチョイスはします。)

そして私もその友人の話を聞いて自分で作ったランチボックスと写真はないのですが、
そのとも布でペットボトルカバーを作って友人と一緒に送ったことがあります。

最初、せっかくハンドメイドしているのだから自分で作ったものを送りたい。
しかし、なるべくしっかりした作りのものを作りたいと思い、
メーカーから販売されていたランチボックスの構造を研究してそこから型紙を起こして作りました。

通常販売されているのは大量生産ということもあって
ランチボックス自体の価格はそう高いものでもありません。

しかし、いざ、自分が作るためにそうしたランチボックスの構造を調べてみると
大変手間の掛かったものであることがわかりました。

軽く考えていましたけれど、重さや強度など、
思ったよりいろいろ計算して形を作っていかなければならないので
構造上の補強なども含めてこのランチボックス一つ作るのにもとても手間が掛かりました。

もしかしたら、お金を出して出来上がったものを買う方が安くついたかもしれないほどです。

けれどバッグを作る上での補強の仕方とかいろいろこれを作ったことで
勉強になった事が沢山あります。

これを作ったことによって、
普段何気なく使っているものにもどれだけの人が影で支えて形作っているかということも
とても考えされられる問題でした。

モノに溢れる現代社会。

大量生産化によって安価で手に入りやすくなったものを沢山ありますが、
それでもやっぱりものは大事に「もったいない」という精神を忘れずにいきたいなとつくづく思います。

出来るだけ、使ってもらう人が使いやすくなおかつ自分が作りたいものを作る。

その為にもどんどんスキルアップに心がけていきたいなと思います。

そうしてその時に自分が出来る最良のものを世の中に還元していけたらいいなと思います。
[PR]
by lorem | 2011-07-25 06:56 | オリジナルバッグOriginalBag
a0182169_21265719.jpg
a0182169_21272915.jpg


素材と思いがけない出会い。

好きなものへのこだわり。

リメイク作品を作る面白さはその時々で
どこから閃くのか、わからないからこそ、ワクワクしてしまう一面もあります。

ジーンズのポケット部分を利用して作ったシザーバッグ。

前ポケット部分には、古い中国の龍のプリント模様。
(これは素晴らしいアンティークの上着だったのですが
かなり古いものなので全体としては劣化が激しく、部分使用で使う方が布も生きてきます)

ベルト部分にはなぜか好きで遭遇するとつい集めてしまうアンティークメジャー。

中の布はパッチワーク用の端切れ。

手縫いでチクチク。

作りながら、後ろポケット部分はものが飛び出さないようにちっちゃなファスナーをつけたり

腰からジーンズにぶら下げられるように山登りのコーナーで見つけたフックをつけたり

思うが侭にチクチク。

凄く楽しかったです。

これと同時期に作っているショルダーバッグが細かい調整が必要なものなので、
何度も型紙や作ったショルダーのストラップやプロントプリント部分のコサージュとかを
やり直していまだ試行錯誤の最中なので、余計このフリーな感じで作っていくのが
いいバランスになっていたのかもしれません。

古いものと新しいもの。

西洋と東洋。

ミックスさせてまた新しい何かに再生させていくことは、
とても楽しくなおかつ学べることも沢山あります。

生活の中から生まれてくる暮らしのアートは
人の手を通ってきたものの暖かみに触れて、それを使う事で
また次に繋いでいける事が自分のとっても最大の喜び。

先人達の残したものに感銘を受けてそのものがもつ美しさを愛でる。

そして自分の中から出てくる閃きと合わせて具現化していく。

ハンドメイドの醍醐味です。

ほんま、たのしぃぃぃ。
[PR]
by lorem | 2011-07-22 22:01 | リメイクバッグRepurposeBag

和風柄は可愛い

a0182169_18531914.jpg


ピンク色の交差するゴムの付いているバレーシューズみたいな靴が好きで
もうずっと履いています。
(ピンクのゴムがヘタってきたら素材屋さんで同じようなゴムを探してきてチクチク縫い付けたり)

ピンクって全身に使うというよりちょっと注し色に使うのに、とても可愛い色。
そしてそのピンクと相性のいい明るいグレーとの組み合わせが好きです。

グレー系の生地を探していたら、和風なプリント柄に出会いました。
可愛らしくて、スカートにしたいなと思い、早速作ってみました。

ボーダーに合わせてもいい感じ♪

ふらりとお散歩に出かけるのにも、私には必然の大きなバッグを
(途中で面白いものを発見すると収集してしまうので笑)

あまった和風プリント柄と20年前ぐらいに日本で手にいれた麻の生地を使って
薄い水色と甘いココアみたいな色のストラップを組み合わせて
トートバッグも作ってみました。

水色と茶色の組み合わせも好きな色の合わせ方
a0182169_18511972.jpg


合わせて持つとこんな感じ!
a0182169_18503326.jpg


さらりと合わせて、体の回りに風の通る道があるような服が好き。

歩きやすくて可愛い靴が好き。

アンクルネックが好き。

人差し指に指輪をするのが好き。

ベルトが好き。

大きなバッグが好き。

好きを一杯身に付けて、ワクワク発見のお散歩。

気の向くまま、自分のアンテナの指す方へ。

そうして見つけたワクワクの種こそ、私の宝物。

大事に育てていきます。
[PR]
by lorem | 2011-07-21 19:43 | オリジナル服OriginalClothe

コットンマフラー

a0182169_2375919.jpg


夏真っ盛りのアリゾナですが、ミシンを踏んだりして布作品を作る傍らで
なんだか夜になると手を動かしたくなるかぎ編み。

素材屋さんにいっても気がつけば、毛糸購入っていうケースが多いのです。

ついこの間も、オーガニックコットンのとても手触りのいい毛糸を見つけて
好きな色であるからし色と濃茶にウットリにしてしまって思わずゲットしました。

ひまわりみたいなイメージだなと頭の中の電気がピンと付いたので(笑)
早速マフラーを作って見ました。
でも自分で作っている内に、あれ、ライオンさんって感じもなんて
いろいろ妄想しながら作った
ひまわりライオンコットンマフラー(まんまやないか~~!!)

オーガニックコットンの毛糸は始めて使ったのですが、
普通の毛糸の手触りと又違った味わいがあってこれもまた
ワクワクしながら作りました。

要は布や毛糸に触っているとごきげんさんだということかもしれません♪

ごきげんさんでいるということは家庭内も平安でゆうことなし!!^^

ハンドメイドはやめらねませんね♪
[PR]
by lorem | 2011-07-20 23:23 | かぎ針編みCrochet

エプロンは可愛い

a0182169_2145317.jpg


素材屋さんに毛糸を買いにいって
店内をいろいろ物色している内に見つけたエプロン。

プリントの天使や蝶のイラストが可愛くて早速ゲットしました。

可愛かったのだけど、もうちょっと甘くしたいと思い、
2段に違うフリルを重ねたり、黄色のウネウネラインなどつけたり

手縫いでチクチク。

少しレトロな感じの乙女のエプロンになりました。

こんなエプロンを付けて甘いお菓子を作るのも楽しそう♪
[PR]
by lorem | 2011-07-18 21:53 | オリジナル服OriginalClothe

きっかけのバッグ

a0182169_2143551.jpg
a0182169_21432795.jpg


最初に友人のジェーンに譲り受けたTシャツがサイズ的には小さかったのだけど、
なんとも女の子のイラストがキュートで
これから何か作れないかなって思って、作ったのがTシャツバッグを作り始めたきっかけです。

当時はTシャツの形を利用して
ストラップ部分も教会のバザーでゲットしたベルトを使ったり、
アンティークのボタンをポイントに縫いとめたり。

今から見ると使いやすさとか、機能性の面で改善面も沢山あるのだけど、
どんな風になるのが本当にワクワクして作ったバッグ。

ここから現在進行形でどんどんTシャツバッグは変化していっています。

モノ作りを通して感じることは
止まってしまうと、見えるものはその周りの風景だけですが、
少しでも歩き続けると同じように見えるものから
また別の風景が見えてくる。

好奇心を持ちつづけること。
情報に対する好奇心ではなく、
自分で見つける好奇心。
自分の目で見る好奇心。

タブーを持たずに
挑戦して、例えば、その中から出てくる失敗の部分ものちに繋がる大きなヒントが隠されていたり。

年を重ねたことによって、よりモノ作りが楽しくなってきていて
年をとる面白さを自分の作品に反映させていきたいなと思う。

継続は力なりの面白さを痛切に感じます。

自分で囲いをせずに嫌いを決め付けずに
どんどん広げて、
まったく自分とは対極なものからもヒントを掴み取る。
いろんなものに好奇心を持ってワクワクしたい!

ワクワクはモノ作りの大きな原動力。


暮らしの中から
自然の中から

感じて育てる暮らしのアート。

楽しもうって思います。
[PR]
by lorem | 2011-07-17 22:06 | リメイクバッグRepurposeBag
a0182169_21563822.jpg
a0182169_21572297.jpg


ひさしぶりにTシャツからバッグを作ってみました。

今回はメンズTシャツのXLというビックサイズのTシャツプリント柄を見つけたので
これを2つに分けて、他の可愛い赤地の水玉Tシャツプリントとパッチワークして
まずは男の子バージョンの方を仕上げてみました。

男の子の目の部分に蝶の薄い黄色ビーズをあしらったり、
細い黄色のウェーブラインを縫い付けたりと遊び心万歳です。

大好きなボンボンもつけてポイントに赤を利かせて、裏面についているファスナーも赤。

底は変わり織りのプードルみたいな生地。

最近、無彩色の黒やグレーにポイントとして赤を入れるのがマイブームみたいで
こういう色の組み合わせ、なんとなく気になります。
[PR]
by lorem | 2011-07-16 22:10 | リメイクバッグRepurposeBag

ブログにご訪問ありがとうございます♪  ハワイ在住。  


by jobon