<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

色遊びは続く

色で遊ぶのは本当に楽しい。
a0182169_11273255.jpg


前回、赤と合わせたトルコブルーを今度は茶色を利かせてブルー系で編んでみた。

毛糸はいろんな太さや縒り方の違うものを合わせて編んでいくと

立体的になった時、自分で考えた配色の中から
規則性より偶然性が顔を出して思いもよらぬような色と色の重なりが出てくる。

それが、面白いなぁと感じる。
a0182169_1145545.jpg


もっともっと色で遊べるように
自分で毛糸を染めてみるのもいいかもしれない。

それなら羊毛から自分で紡いで一本の糸にしてからっていうのもいいかも!!

指先が紡ぎだしたものから
今度は頭の中にいろいろイメージというか妄想が始まってきて、、、、、、、。(笑)

それもまた私にとっての楽しい時間です。
[PR]
by lorem | 2011-11-30 12:05 | かぎ針編みCrochet

柔らかな色を繋いで

毛糸のふわふわ感とかとは、また違う感触なのだけど
柔らかなコットンの細い糸でモチーフを作って繋いだスカーフ。

a0182169_12211052.jpg


きなり色と桃色とミルクココア色。

a0182169_12312116.jpg


三角形に繋いでいろんな巻き方をしてみる。

a0182169_12324428.jpg


なんだか、ひっそりと可愛いなぁと、ちっちゃく一人で微笑みたくなるようなもの。

ゆっくりたっぷりと時間をかけて、時々、そういうものを作りたくなる時があります。
[PR]
by lorem | 2011-11-29 12:59 | かぎ針編みCrochet

色の持つイメージで遊ぶ

a0182169_13291716.jpg


レッドとトルコブルーは自分の中ではなんとなく
ネイティブアメリカンカラーというイメージがあります。

毛糸屋さんでぱっと目に飛び込んできた色。

その時々、心の琴線に触れるものはいろいろあるのだけど

ぱっと自分の中でイメージが広がった瞬間、
形にしたいと指先と想いが繋がるのかもしれません。

毛糸の色を眺めていたら

大好きな太鼓の音が頭の中に広がってきました。

トントントンと踵でリズムをとって、
ネイティブアメリカンの喜びのダンスを踊っている時の羽飾りの様なイメージで

指先が紡ぎだすものを楽しんでいたら


a0182169_13504736.jpg


こんな風になりました。
[PR]
by lorem | 2011-11-28 14:13 | かぎ針編みCrochet

思いのままに毛糸遊び

       自由に

                囚われずに

                   
                           思いのままに

a0182169_17442150.jpg



毛糸ってやっぱり好きってつくづく思います。

編み物をする母の背中にくっついてお絵かきしていた頃から
毛糸のふんわり加減と母の魔法の指にワクワクしていました。



うねうねと編みながら

いろんな色を楽しんで

毛糸でお絵かきしてみました。

a0182169_17452944.jpg

[PR]
by lorem | 2011-11-27 17:49 | かぎ針編みCrochet

2011年の Day of the Dead

記憶が思い出に変わるまでには
砂時計の砂がゆっくりと落ちていくように
静かに眺めていく時間が必要なのかもしれません。

a0182169_4102278.jpg


自分の中の記憶が思い出に変わると
過ぎ去ったいろんなものの中の苦いコーヒーのようだった想いも
少し甘さを加えた柔らかいセピア色の彩りのようなものに変化し
心の中にたゆたゆとした想いが広がっていくような気がします。

a0182169_4113465.jpg


思わぬところで友に会いました。
暫くぶりにあった友が小さな声で話す近況は
笑っていても涙がほろりと流れているような気がして
今苦いコーヒーを味わっている真っ最中なのだなと思いました。

少し違う種類の苦いコーヒーのような味あいを感じた事のある身としては
その苦さが体中に広がったような感覚も
その先のいつかその苦味さえも
風化していって新しいなにかが自分の中で芽吹いていくこと
そして、それを丁寧に育てていくことで
それはとてもかけがえのないものになっていく過程の中での
時に身を委ねることへの想いが自分の中にも蘇ってきました。

a0182169_413673.jpg


古い布が好きだったり、遠い昔に作られたものの
時を経て少し崩れて落ちそうな脆さの中に見える
傷や染みがなんとも愛おしくて、そこに美しさを感じる今の自分。

自分の中の琴線に触れるものが
自分にとっての根っこを育てるためにも必要であった思える
時には飲んで始めて気づく苦さであったりすることも
勿論その苦さの中の旨みに自分自身がちゃんと気づいて
受け入れているという前提の元ではありますが。
気がつけば、いつのまにか
細い糸を綱渡りしていたような遠い昔の私はどこかに旅立って
今は細い糸を沢山束ねて、ゆらゆら揺れることさえ、面白いと思える
自分がいるような気がします。

a0182169_4141753.jpg


変化していくから、面白い。

どんなことも時を味方に
万物すべてが変化していくからこそ
想いの味も、いつか苦手がちょっとしたスパイスだと思うように
変わっていくかもしれません。

このスパイスが入っているから、深い味わいを感じる事が出来る。
どんなことにもひっそりと小さな種が潜んでいて
それを探して自分なりの幸せの種として育てていくことは
私の人生という時の縦糸と横糸を交差して作る一枚の布に
必要不可欠な大事なものとして
それを受け入れるかどうかもすべて自分次第と
本当に年を重ねていけば、いくほどそう思います。

私が私らしく

友が友らしく

生かされていることに感謝して
与えられた命の花を自分色に咲かせていけたらいいなと


改めて
そんな事を思った2011年の Day of the Dead

a0182169_4145636.jpg

[PR]
by lorem | 2011-11-09 04:30 | 日々の種DailyLife

ブログにご訪問ありがとうございます♪  ハワイ在住。  


by jobon